カードローンとキャッシングの違い

何が違うの?「カードローン」と「キャッシング」

「カードローン」と「キャッシング」の違いを説明出来ますか?

どちらもお金を借りる為に利用するものである事に変わりはないのですが、返済時の方法に違いがありました。

カードローンというのは、原則がリボ払いで、借りた金額の一部に利息をつけて返済する方法で、キャッシングは、原則として一括払いで、借りた全額プラス利息で返済する方法でした。

そう、あくまでも以前は、です。今現在で言えば、言葉の違いだけであり、これといった違いというのはありません。カードローンもキャッシングもお金を借りるものであり、借りた金額に利息をつけて返済をするものです。

残念ながら、この二つの違いという意味ではすでに話が終わってしまいましたので、ここからは借りた後、返済に関する話を一つ加えておきましょう。

お金を借りた後というのは、必ず返済をする事になります。返済が滞ってしまえば、延滞となり、それでも支払う事が出来なければ最終的には強制解約にもなりますし、残るのは返済しなければならない「借金」だけです。しかも、「延滞」「強制解約」といった項目が個人の信用情報として追加されますから、「借金」を返す為に「借金」をする、といった事も出来ません。

しかも、信用情報を利用するのは、貸金業者だけではありません。銀行でのローンを組もうとした際や、自動車ローン・住宅ローンなどといったローン全般に関わってきますから、信用情報というのは、とても重要な役割を果たすものである事を覚えておいて下さい。

また、延滞などの履歴というのは、最低でも5年間は消える事がありません。もし、現在進行形で延滞している場合や、以前延滞をしていたなんて場合は、要注意です。その延滞が原因でローンを組む事が出来なければ、自分自身だけではなく、家族にも影響する可能性が出て来ます。

お金を借りるという行為は、どうしても必要な時というがあると思います。その時だけで使用をやめれば良いのに、それが我慢出来ない人というのも居るのが現実です。ですが、そのちょっとした甘い考えが原因で結婚したり、子供が産まれたりした時に、幸せな生活を長く続ける為に必要な住宅や車が用意出来なかったり、私立進学に必要なものが揃えられなくなる可能性だってあるんです。

その事を是非頭に入れた上で、カードローンやキャッシングと付き合っていくようにして下さい。お金を借りるというのは意志の強さに比例するんですよ。