個人・法人カードローンの長所と短所

「個人」と「法人」それぞれのカードローンメリット・デメリット

急な出費や、給料日までの数日間を乗り切る為など、カードローンやキャッシングを利用する事というのは誰しもいつ我が身になる事か解らないものですが、この「カードローン」には「個人」向けと「法人」向けがあるのをご存知ですか?

個人向けカードローンというのは、私達が一般的に使用出来るものです。法人向けというのは、あくまでも個人という括りではなく会社や企業のような団体を指します。「財団法人○○」というような言葉なら一度は耳にした事があるでしょう。では、この個人向けカードローンと法人向けカードローンのメリット・デメリットを紹介していきましょう。

まず、個人向けというのは資金用途というお金の使い道に制限がありますが、法人向けの場合はお金の使い道に関して、事業用に運用しても良いというものがあります。限度額も一般的な個人向けの場合は300万円前後ですが、法人向けは500万円から1000万円程まで。不動産を扱う場合は1億円まで融資可能なカードローンも存在します。

また、個人の場合では「総量規制」というものがあり、年収の3分の1を超える借入を行う事は出来ません。ですが、法人の場合は、この「総量規制」の対象とはならないので
融資を行う事が可能と貸す側が判断すれば、個人の比ではない程の金額を動かす事が出来ます。

それならば、個人で借り入れるよりも法人で借りる方が得なように感じますよね?ですが、個人向けに比べ法人向けは金利が高い事が多く、個人審査とは違うので、提出しなければならない書類や細かな基準があり、その全てをクリアしなければ契約する事が出来ません。金額も、個人向けよりも大きな金額が一度に動く可能性が高い為に、貸す側もより慎重に見極めを行うので審査に時間がかかりますから、即日融資なんて事はまずあり得ません。早くても数日間は見積もる必要があります。また、最近では法人向けにも関わらず、担保・保証人を必要としないものも出て来ましたが、原則はもちろん必要です。個人向けは担保・保証人が必要ない事が一般的ですから、借りやすさという意味では法人向けの何倍も個人向けの方が借りやすいという事になります。

このように、借りやすさや借りられる金額、金利などから見て、必ずしも個人向けの方が良い。法人向けの方が良い。というような事は言えません。どちらにもメリット・デメリットが存在しますから、その事を頭に叩き込み、もしこれから借入を行う必要が出て来た場合には、個人向けで借入を行うべきなのか、法人としての規定をクリアしているのであれば、法人向けで借入を行うべきなのか。きちんと考えた上で借入を考えてみて下さいね。