借金の返済義務がなくなる時効援用の知識

返さなくても良い?借金の返済義務がなくなる時効援用に関する知識

お金は借りたら返すものです。これは、至極当然の事ですが「返さなくても良い」と考えている人が極稀に存在するんです。

何故、返さなくても良い、と考えられるのでしょうか。それは借金に関する「時効援用」の知識を少なからず持っている場合です。

借金に関する時効援用というのは、借りたお金を返済するという事をせずに5年~10年経過すれば時効成立となり、時効援用に関する内容証明を相手側に送る事で、一切の借りたお金を返済しなくても良い(返済義務が消滅する)という状態になる事を言います。

ですが、この「時効援用」には様々な決まり事があります。

まず、借りたお金を返済しない訳ですから、一般的な業者であれば必ず「督促状」が送付されてくるはずです。この「督促状」が届いている状態では、時効までの日数は経過しません。どういう事なのか説明すると、この時効を成立させる為には「支払いに関する書状・連絡が届いていない事」から始まります。要するに、督促状が届いている状態というのは、相手側(貸付を行った側)が返済して下さいという旨をこちら側(借入を行っている側)に知らせているので「借金がある事」を互いに確認している状態となります。この督促状に目を通していなかったとしても、督促状が届くという事はその住所に住んでいる訳ですから「返済しなければならない借金を返済せずに居る」だけの状態であり、これでは「ただ督促状を無視している」だけになってしまうからです。

また、例え上記に書いたように「督促状などの連絡が届かない状態」を自ら作ったとしても「裁判」に関しては別となります。もし、借金の金額が大きかった場合、こちら側が知らない間に「訴訟を起こされていた場合」は、欠席の時点で訴訟を起こした側(貸付側)の勝訴が確定します。確定した場合、時効期間は判決が確定した日から「10年間」となり、それを知らずに、時効が成立したと解釈し、連絡をとった時点で、資産の全てを奪われる覚悟をするのが良いでしょう。

時効援用というのは、あくまでも互いに存在を忘れてしまっていた場合などの処置の一つです。よって、借金を踏み倒す為の方法ではありません。確かに、もし莫大な借金をしてしまっているのであれば、逃げたくなる事もあるかもしれません。ですが、この時効援用を利用する為には、自身の情報を公開する事にとても慎重にならなければなりません。例えば、結婚を約束するような相手が出て来たとしても、住所を移す事(住民票の住所変更など)は督促状を受け取る事に繋がりますから、時効の成立は泡と消えますし、仮に結婚出来たとしても、クレジットカードや住宅ローン・自動車ローンといった一切の金銭に関わるものに対して「ブラックリスト」に名前が記載されていますから審査に通る事は絶望的です。そして、借入を行おうとした事により、元々借入ていた会社にもその情報が渡る可能性が十二分にありますから、利息や遅延金により莫大な金額となってしまった借金と対面する事になります。そして、配偶者が借金の事実を知らなかったら…離婚は時間の問題とも言えますね。

さて、このように時効の援用を利用するには沢山の障害があります。成功する確率が1%程でもあれば良い方ではないでしょうか。おいしい話には必ずといって良い程「裏」があります。時効援用を安易に考えず、どうしても返済が困難になってしまった場合は、債務整理などの別の手段を考えるべきです。これからの一生の生活に関わるかもしれませんから、くれぐれも利用する際は計画的に使用するようにして下さいね。